小型卓上ユニット

陰圧クリーンデミ R型


抗原・抗体検査のリスクから医療従事者を護る陰圧型卓上ユニット


特徴

HEPAフィルター搭載

0.3µm粒子を99.97%以上捕集するHEPAフィルター搭載により、感染の可能性のある空気を濾過し、あらゆる場所での感染検査等の安全性を確保できます。

気流のイメージ図

※「HEPAフィルター付空気清浄機(陰圧対応なものに限る)」として、厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症に対応した医療体制について」に基づき保健衛生施設等設備整備費補助金の補助金対象設備となります。詳細は、「保健衛生施設等施設・設備整備費国庫補助金交付要領」(令和2年2月6日・厚生労働省発健0206第8号)をご参照ください。

小型機器のため持ち運び可能

フード部分は折りたたみ可能で小型なため、安全キャビネットを設置できるスペースがなくても、机や台の上に置けば医療従事者を感染から防止できます。また、DC 電源対応のため、車からも電源を確保できます。


アルコールや過酸化水素による吸込面の清拭が可能

本体吸込面とフード部分は、アルコールや過酸化水素を使用可能な素材のため、清拭作業が容易に行えます。


開発の経緯

最前線で闘い続けていただいている医療従事者を護ることは、

これからの私たちの使命だと考えています。

ある日、病床数180床の急性期病院の担当者様からご連絡をいただきました。「新たに抗体検査キットが発売されるのに伴い、抗体検査をはじめることになった」とのことでしたが、現場のスタッフからは不安の声が上がったそうです。通常ならガウンやマスクで防護すれば安全は確保できると考えられますが、「未知のウイルスに対してそれで万全だろうか?」そうお考えになったそうです。しかし通常の安全キャビネットを置くスペースも予算もありませんでした。

そこで当社の小型クリーンベンチを改良開発して誕生したのが、陰圧型卓上ユニットである『陰圧クリーンデミ R型』です。


想定される使用環境

主な使用環境

・新型コロナウイルス 抗原・抗体検査の検体処理時

 

アクリル板を外した場合

・感染予防に適切とされる換気回数の達成が困難な部屋(CT室、心臓カテーテル室 等)

・災害時の避難所で発熱や咳などの症状がある居住区分場所


製品仕様

品名 陰圧クリーンデミ R型
型式 NBH-400R
集塵要素 HEPAフィルター(0.3μm粒子にて99.97%以上) 
吸込面風速

0.45 m/s

寸法

フード収納時:W380×D220×H380(mm)

フード組立時:W380×D370×H380(mm)

重量 12Kg
電源 AC100V DC12V(※1)
消費電力 100W

※1 DC12Vで使用される場合、変換アダプター・シガーソケットが必要となります。


製品お問い合わせフォーム

※現在、新型コロナウイルス感染症の感染予防によるテレワーク実施に伴いまして、本製品のお問い合わせを下記フォームのみに限定させて頂いております。お手数お掛け致しますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

メモ: * は入力必須項目です


【関連製品】

対面時などの局所的な感染対策が必要な際に、フレキシブルな可動でその空間に空気浄化エリアを作りだします。

HEPAフィルター搭載で室内・ブースといった汚染エリアからの気流を濾過し、陰圧室と同じ環境を作りだします。

診察室、待合室、ベッド、車いすなど使用環境に合わせてマルチな利用が可能なHEPAフィルター搭載空気清浄機です。



皆様から陰圧型 感染対策製品へのお問い合わせの際に頂いたご質問について、回答しております。